×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

手作り犬服 作り方を自宅で学べる!TOP > 犬のしつけ > 犬の散歩

犬の散歩 注意したいこと!

 
犬を飼うと散歩をさせないといけませんが、その時に注意する事があります。

それは、次のことが挙げられます。

・リードをちゃんとつける

・排泄物は責任持って片付ける

・主導権は飼い主が握る

・犬の体調に気をつける



犬の散歩の画像


<リードをつける>
まずは、リードはしっかりとつけて、
犬が興奮しても外れてしまわないようにしましょう。

たまに公園や河原などでリードを外している犬をみかけることがありますが、
これは、犬が逃げてしまったり、通行人や他の犬とのトラブルになってしまう
原因にもなります。

周りとのトラブルを避けるためにも、
自宅やドッグラン以外の場所ではリードを外さない方がいいですね。

<排泄物は責任持って片付ける>
最近では犬の散歩のマナーとして、
外では排泄させないというのが主流になってきています。

もし、犬が外で排泄してしまったら、おしっこは水で洗い流して消臭剤をかける、
うんちはビニール袋などに入れて持ち帰るといったマナーを徹底してください。

<主導権は飼い主が握る>
犬の散歩の主導権を握るのはあくまでも飼い主でなくてはいけません。

拾い食いやマーキングなどを防ぐためにも、犬が飼い主の横について
歩くリーダーウォークを覚えさせましょう。

<犬の体調>
散歩中は犬の体調にも気をつけるようしてください。

犬も夏には熱中症になりがちですし、
熱いアスファルトの上を歩くことで足の裏にヤケドをする場合もあるのです。

>>犬のしつけでお悩みの方に♪